会社設立代行会社とは何をする会社なのか。あまり聞き覚えのない職種について岩松勇人が解説

会社設立に関して

印鑑と定款にかかる費用

ここでは、会社印鑑を作成するときと、定款のときにかかる費用にお話ししようと思います。
まず、会社印鑑を作る場合です。印鑑を作るための材質や大きさなどによっても変わってきますので、予算と他の費用と擦り合わせて、これからずっと使うであろう印鑑を作りましょう。印鑑に負けてしまうことのないようにもしましょう!会社印鑑を作るための相場は、7,000円〜8,000万円前後となっています。
次に定款のときにかかる費用についてです。定款は会社を運営するために必要なものとなっています。作成方法は、紙ベースで作成します。そのご電子ベースで作成する流れとなっています。この際に必要な費用は、9万2千円ほどになります。内訳として、公証人手数料が5万円、印紙代が4万円、定款の謄本作成手数料が1ページ250円×2冊分となっています。

資本金払込と設立登記にかかる費用

ここでは、資本金払込と設立登記にかかる費用についてお話ししようと思います。資本金払込とは、資本金(会社設立のための資金)を払い込むためにかかるお金です。会社設立の発起人が1名のとき以外は、銀行で払い込みを行います。この際の銀行払込でかかる費用は、各銀行・金融機関で異なりますが、216円から648円ほどとなっています。振り込んだ回数分が、資本金払込にかかる費用となっています。
次に設立登記に関してです。各役所に会社の設立することを登記することです。これには、登録免許税が必要となってきます。これは会社の形態よって異なりますが、「株式」で約15万円、「合同」で約6万円となっています。この他にも証明書の分も費用がかかります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る