会社設立代行会社とは何をする会社なのか。あまり聞き覚えのない職種について岩松勇人が解説

税理士に頼む、設立代行

税理士ならではのサポート

税理士の方に、設立を任せることでのメリットをご紹介していきます。
まずは、「税務申告や節税を依頼できる」という点です。税理士の本文の仕事として、「税務の相談」「税務に関する事務の代理」「税務に関する必要種類の作成」が挙げられます。これは、法律でしっかりと定められています。また、節税に関してですが、無駄に多く税金を払うことのないように取り計らってくれます。そこは税に関するプロフェッショナルな税理士なのでお手の物です!会社を経営していくにあたり、最初の予算・資本は多い方が良いので、無駄な出費がないことは重要になってきます。
次に「事業の立ち上げに集中できる」ことが挙げられます。自分自身で税の管理や、節税できるところはどこか、を探す必要がないので事業に関してだけ考えることが可能になります。

幅広いサポート

会社を設立から、経営していくにあたり、軌道に乗るまでは十分な資金が必要になってきます。その際に、税理士の方に頼むと資金調達のための計画から、資金調達の方法、どれくらいの資金があれば安定して事業に取り組んでいけるのか、などの問題を解決する手助けをしてくれます。資金調達を成功させる鍵は、事業計画書がもっとも重要になってきます。そこに記すのに何がもっとも必要になってくるのかを税理士の方がサポートしてくれます。
最後のメリットとして、税理士の方に設立を頼むことで「コストが最小にまで抑えることができ、さらに利益が最大になる可能性がある」ことです。税理士を雇う費用(顧問料)は確かに必要になってきますが、それを上回る分の利益が舞い込んでくることは間違いないです。会社を経営していく中で何に重きをおくか、ということを十分に考える必要がありますね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る