会社設立代行会社とは何をする会社なのか。あまり聞き覚えのない職種について岩松勇人が解説

設立代行会社に頼んだ時の相場とは

印鑑と定款にかかる費用では

まず、会社印鑑を作る場合です。会社印鑑を作るための相場は、7,000円〜8,000円前後となります。これは、会社によって印鑑に対しての思いが異なりますのであまり会社設立代行会社は関係しません。
次に定款のときにかかる費用についてです。自分で行う場合に必要な費用は、9万2千円ほど、その内訳として、公証人手数料が5万円、印紙代が4万円、定款の謄本作成手数料が1ページ250円×2冊分となっていました。しかし、会社代行会社に依頼した場合は、公証人手数料を最低までに抑えられるのでお得です!
これからの人生を左右する大きな選択である、会社設立。全てを自身で行うか、それともできるところは任せていくのか、ということも重要な選択の1つとなっています。

資本金払込と設立登記にかかる費用では

ここでは、資本金払込と設立登記にかかる費用の比較についてお話ししようと思います。資本金払込とは、資本金(会社設立のための資金)を払い込むためにかかるお金ですので、会社設立代行会社に依頼してもほとんど代わりはありません。振り込んだ回数分が、資本金払込にかかる費用となります。
次に設立登記に関してです。「株式」で約15万円、「合同」で約6万円となっていましたが、こちらもさほど変わりはありません。
このように比較をしてきましたが、さほど変わりはないように思います。しかし、会社設立代行会社に頼むとさらに、10万〜15万円の手数料がかかってしまうので、高いように感じてしまいます。しかし、その分サポートも手厚く行ってくれるので、悩みどころではありますね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る